01

先日のブログニュースの復習です。 症例3の患者さんが本日来院されました。本日のお話です。
今まで、2つの大きな病院で 「体も弱り、腹水もたまり、手術も出来ない。もう打つ手がない。」 とまで診断され、絶望状態だったナイスガイHさんが、「お陰で腹水が劇的に減り、先生の施術のお陰で足踏みも出来る様になり頑張っています。今まで打つ手がない、と言われていましたが、つい先日の診断で、『今までは絶対無理だと思われましたが、これだけ体力が回復したので手術が出来ます』 といわれました。と控えめながら嬉しそうでした。

 主治医の先生のお力ももちろんですが、私もHさんに大きな貢献が出来た、と少しだけ満足しています。今後も可能な限り来院して私の脳科学頭蓋骨施術を受けるそうです。

今後も、全力を集中して『改善」の為の施術に臨む決意です。

骨格系矯正と脳科学頭蓋骨矯正および微弱電流処置の施行で、癌を始め、うつ、パニック、自律神経アンバランス、免疫系疾患、腰痛・膝痛などの改善に、新しい力・効果が出てきたことを感じています。

どんなケースも、全力・真心で対応します。
博士 脳科学(人間環境学)
脳科学接骨医医学 施術室
脳科学頭蓋骨矯正 セラピスト
東 誠之

*熊本接骨院のH.P 「お問い合わせ」 欄から、症状を相談された方は初診料が無料です。読んだだけの方も半額です。理由は、相談内容を読めば殆どの状況がのみ込め、初診時の問診や触診の地図のあらましがほぼ脳画像にて構築できるからです。施術料金は基本4800 円です。
11回目通院が無料になる回数券制度も有ります(例: 4800円か5500円か9600円が無料になります)。



以下、参考ブログ記事です。
【 臨床552連発 私の「手」が、進行した癌の方の改善に役立つようです。 (2019-03-16 )】

癌の治療は、最高難度のように思えます。
治療技術が進んで、「癌は治る病気になった」と発表される医学者もおられますが、現在も世界では、癌切除手術の20年後に再発がん細胞が発生した」という痛ましいニュースも耳にしています。
 症例3多発性肝臓癌のため,愛知県で有名な医療センターと大きな病院で、「もう打つ手は無い」と宣言された患者さんが途方に暮れて当院に来院されました。腹水のためお腹が大きくなり、まるで妊婦のようでした。少しでも押さえると「針で刺したように痛い」と顔がゆがんでいました。今、腹水は、脳科学頭蓋骨矯正を含む私直伝の施術法と呼吸法と内臓調整で、無くなりました(と私は考えています)。尿の量が増え切れもよくなりました。フラフだったのが足踏みもで来るようになりました。
ご本人いわく
「もう、今年いっぱいまでは命がもたない、と覚悟していましたが、先生(私のこと)が言われるとおり、なにか「もつような気がしてきました」という前向きな気持ちになってきました」 と笑顔で話されました。
 
ページ上部へ
 
 
編集モード