01

頭蓋骨を外から触る、口内をちょっと触る、などの癒し系頭蓋セラピーは流行していますが、「矯正」のための頭蓋骨調整を行っている術者の存在を私は知りません (全国では複数の方がいらっしゃるとは思いますが)。

 うつ症状や自律神経・パニック症・がんこな不眠症などには脳内機能の誤作動的な大がかりな症状で、苦しんでいらっしゃる患者さんが大半です。

脳科学的見地から考察して施術効果を発揮するには、脳内誤作動の方に脳の何処にどんな刺激を正確に送らねばならない、という細かい ‟ 東式ルール ” が存在します。

例えば、

うつ様症状には扁桃核に、
ろれつが回らない症状には左半球の側頭葉に、
集中できない脳には前頭葉の前頭極に、
歩行障害には後頭葉の小脳と間脳部に、
疲弊した脳にはプリフロンタル・オービット・コ―テックスに、
何度も繰り返す慢性腰痛には前頭葉と頭頂葉に、
などです。

いつでも真剣勝負です。

成功すれば症状は少しずつ改善していくことが大半です。

刺激が届かない場合は 「ああ気持ち良かった」だけで終わります。

また、未熟で間違った施術を行えば患者さんを痛める事になります(骨格系施術でもそうですが)。

私は40年近くこの真剣勝負の中で戦ってきました。

40年近く修練を積んだ「瞑想気功」で、瞬間の集中と瞑想を100万回ほど駆使してきました。今後も一切の失敗要因を排除して、患者さんの健康回復に努めたいと決意しております。

どうぞご相談ください。全力で対応します。

博士 脳科学(人間環境学)
脳科学接骨医学 施術室
脳科学頭蓋骨矯正 セラピスト
東 誠之

*熊本接骨院のH.P 「お問い合わせ」 欄から、症状を相談された方は初診料が無料です。読んだだけの方も半額です。理由は、相談内容を読めば殆どの状況がのみ込め、初診時の問診や触診の地図のあらましがほぼ脳画像にて構築できるからです。施術料金は基本4800 円です。


 
ページ上部へ
 
 
編集モード