01

ヒトの直腸は、恥骨直腸靱帯につかまえられて、前側(恥骨側)へ 「く」 の字に引っ張られています。
そのため、ヒトの胴体が垂直姿勢のままでは、直腸内の便の通り道 (直腸の直径) が狭くなり、出にくい状態になっています。

(出尻の方や腹圧の弱い方は特にお困りでしょう)
従って、便秘気味の方は、胴体(上半身)を思い切り前かがみにして、直腸の 「く」 の字にとらえられた姿勢を真っ直ぐに伸ばすことが大切です。

これで、普通の便秘の方はことごとく直っていますので、試してください。

これでも、ウンともスンともならない人は、根本的な体質改善が必要です。

1 繊維類の多い野菜類を食べること。ゆっくり噛んで食べること。
2 深呼吸を習慣付けて、横隔膜運動により、内臓の自動マッサージを行うこと。
3 足踏みやウォーキング、腹筋などの軽い運動を、毎日行うこと。

それでも直らない方は、骨盤や腰椎・腹圧の矯正、また頭部の運動領野・前頭野などの眠っている細胞の覚醒などの施術が必要と思われます。

排出物が体内で滞留すると、著しく体調が悪化します。天気で言えば重苦しいどんよりとした感じ、車で言えば不完全燃焼の排気ガスを引きずったまま走行している状態です。

長く続くと、あるいは何回も続くと、直腸癌や直腸に近い子宮や卵巣、前立腺、膀胱などにも悪さが広がるかも知れません。

思い切り前屈みで、つま先立ちが Good です。この姿勢に加え、呼吸法が出来る方(腹圧が強い方)は更に効果が深まります。吸気の時に勝負をかけましょう!。

お困りの方、どうぞご相談ください。全力で対応します。


博士 脳科学(人間環境学)
脳科学接骨医医学 施術室
脳科学頭蓋骨矯正 セラピスト
東 誠之


*熊本接骨院のH.P 「お問い合わせ」 欄から、症状を相談された方は初診料が無料です。読んだだけの方も半額です。理由は、相談内容を読めば殆どの状況がのみ込め、初診時の問診や触診の地図のあらましがほぼ脳画像にて構築できるからです。施術料金は基本4800 円です。


 
ページ上部へ
 
 
編集モード