01

心が疲れる第一の引き金は、脳の疲れです。脳が疲れる第一の引き金は、目の疲れです。目が疲れる第一の引き金は、体の疲れです。
心と脳と体が疲れると、言いようのない不安感に襲われることがあります。

 根本的な改善法に(施術法に)、目の疲れと脳の疲れを同時に除去する(改善する)ための、脳科学頭蓋骨セラピーを行います。
(当然ですが、事前に肉体と内臓の疲れをとる骨格系矯正、内臓調整を済ませます)。

私が数十年かけて開発したこのテクニックは、脳の疲れが、たい積・集積した「前頭前野」のピンポイント・エリアを使います。

最初に、私の手技で脳疲労をとります。

とった直ぐ後に、同じく手技で新しいみずみずしいパワーを充電します。

(そのための私自身の充電に欠かせないのが約40年続けている山中大岩の気功瞑想法です)

大抵の患者さんが、気持ちよくて(多分アルファー波を感じています)軽い寝息を立てます。

「体の疲れ、目の疲れ、脳の疲れから、心の病気やうつ、言いようのない不安感」 などをターゲットにしてほとんどのケースで効果をあげています。

原因が分からないのに、異常に心や体が疲れる方はどうぞご相談ください。
さらに2ランク上の頭蓋施術まで対応出来ます。


博士 脳科学(人間環境学)
脳科学接骨医医学 施術室
脳科学頭蓋骨矯正 セラピスト
東 誠之



*熊本接骨院のH.P 「お問い合わせ」 欄から、症状を相談された方は初診料が無料です。読んだだけの方も半額です。理由は、相談内容を読めば殆どの状況がのみ込め、初診時の問診や触診の地図のあらましがほぼ脳画像にて構築できるからです。施術料金は基本4800 円です。




 
ページ上部へ
 
 
編集モード