01

脳科学的には、「良い睡眠時」には、脳内リンパ液(脳脊髄液)が脳をクリーニングする事=脳の疲れがリセットされる事、が学術論文にて証明されています。

良い睡眠ではない時には、これが行われないと言われています。

朝起きたとき「眠ったのに疲れがとれない。頭がすっきりせずぼーっと重たい」というタイプです。

良い睡眠でない理由には、歯の食いしばり・睡眠時無呼吸症候群・右下寝グセ(=左向き寝グセ:長い間に精神的不安症状が現れる、腰と背中の痛み)・左下寝グセ(=右向き寝グセ:心臓が圧迫され左胸の痛みと精神不安症状、腰と背中の痛み)があります。

特に、歯の食いしばりで悩んでいる方もかなり多いようです。

この解消には、骨格系の調整は当然ですが、顎関節ゆがみや脳科学頭蓋骨施術を行い、ストレスを減じる事が重要と考えています。

当院の患者さんで、今年だけでもかなりの複数の方が改善されました。

どうぞご相談ください。一生懸命に対応します。

博士 脳科学(人間環境学)
整骨医学 施術室
頭蓋骨矯正 セラピスト
東セイシ

*熊本接骨院H.P「お問い合わせ」欄から、症状を相談された方は初診料が無料です。読んだだけの方も半額です。理由は、相談内容を読めば殆どの状況がのみ込め、初診時の問診や触診の地図のあらすじがほぼ脳画像にて想像できるからです。
施術料金は基本4800円です。


 
ページ上部へ
 
 
編集モード