01

正しい生活習慣に環境変換するにはかなりの努力が必要です。自分でプログラムを作り、毎日コツコツと少しだけ努力を続けるのが最短・最善です。

 世界中の大手製薬会社が「認知症の薬は作れない」と失敗を続けた結果、ぞくぞく撤退しています。

では、長生き・長持ち脳を期待できる方法は!

第一に 絶対に私が外せない脳科学施術法があります。「顎関節のゆがみの施術」です。この件は先に(臨床453ブログ)で述べました。

第二に 私の提唱する行動療法を実践していただくのが最善です。今日はこの話題です。

(第三は いよいよ、内蔵調整や脳・頭蓋骨矯正セラピーです。頭蓋骨矯正創始者の世界的指導者 DR. DE JARNETTE から直接指導を受けた先生は現在の日本では大変少なくなりました)。


さて、それにはがん細胞の元である内臓脂肪を無理なく減らす熊本接骨院の行動療法トレーニングを実行するのが最良・最短です。

1 運動療法:活性酸素をできるだけ発生させない優しい運動療法です。腕・足・腹筋・背筋・インナーマッスル・肩甲骨に対応します。必要な方は、小顔になる方法も伝授します。

2 食事療法:「もう1個だけ・もう一杯だけ」が命取りです。将来のがんの元である内臓脂肪と活性酸素を減らす作業(減量)を心がけたら、ある意味、「今から勝負」の心意気が必要です。

3 カラオケ療法:大きな声を出して3曲歌った後、点数の上手・下手にかかわらず脳科学的にストレスホルモン・コルチゾールの減少が証明されています。更に他人と交わって前頭前野の脳細胞の活性化が行われる事も判明しています。

私が主宰する「科学呼吸法・ダイエット」セミナー参加者で 「成功する人・失敗する人」を長年見てきましたが、「我慢する・勝負する」 心の持ち主はほぼ勝ち組に入ります。健康的に減量し、瞑想・呼吸法をマスターする事は、私が十数年かかったように生半可では成就しないようです。

「自分なりに」 でいいです、セミナーに出席し、「頑張る決意」 の人を応援します。


博士 脳科学(人間環境学)
整骨医学 施術室
頭蓋骨矯正 セラピスト
東 セイシ

追記:
熊本接骨院のH.Pの 「お問い合わせ」欄から症状を相談いただいた方は、施術料のみで、初診料は無料です。見ただけの方も半額です。受付時に申し出て下さい。




 
ページ上部へ
 
 
編集モード