01

「私は癌です」 と主訴して来院される患者さんが複数おられます。

腎臓系、肝臓・胃・膵臓の消化器系、肺系、血管系、子宮卵巣系、膀胱前立腺精巣系 などの方々がいらっしゃいます。

専門医の先生に癌と診断された直後は、皆さん一様に動揺して精神的に右往左往されます。

しかし、ある程度の時間をかけ抗癌剤などの治療法を経験して、ある悟りというか覚悟が決まっでジタバタしない方が多くおられます。

私は相手の方にもよりますが、「癌もあなたの体の一部です。怖がらず、毛嫌いせず受け入れた方が楽ですよ。共生して長生きするという考え方も有りますよ」 と説く事が有ります。

この考え方は、東洋思想の「執着無し、自由の心」 というある意味の悟りの境地が似合っています。

更に言えば、私の39年間に渡る 「気功鍛錬 ー 宇宙的思考」 の発想から由来しています。

瞑想・無私由来から発達した 「戦いそして共生」 の境地を会得された方は、窮地を脱し、5年後や10年経過後に笑顔を見せてもらう事を何度も経験しました。

この私の短い文章中で、感覚的に何かをキャッチされた方は、主治医の処方を主として、私の施術も併用する事を選択肢の一つとお考え頂ければ幸せです。


博士 脳科学(人間環境学)
脳科学 整骨医学施術室
脳科学 頭蓋骨矯正セラピスト
東 誠之

 
ページ上部へ
 
 
編集モード