01

A氏の実話です。この場合の「腹ペコ」は、余分な内臓脂肪が燃焼しプックリ腹が凹んでしまったという「腹ペコ」です。





ナイスガイA氏は私の呼吸法セミナーの参加から1~ヶ月である程度痩せたそうですが、そこで満足せず毎日続けたそうです。

静岡県から10ヶ月前に呼吸法セミナーにご夫婦で参加し、毎日、実直に私の呼吸法・運動療法・食事療法の教えを実践した若きA氏と奥さんと赤ちゃんの3人で再来院しました。

この方達は、私の施術のセイ?で元気な赤ちゃんが出来たBさん夫婦の紹介でみえた、不妊が長く続いたご夫婦でした。

そして、私の施術のセイ?で無事に念願の赤ちゃんが出来ました。

そのご披露を兼ねた再来院でした。

A氏の言い分は「腹が凹んでしまい、体重が予想より減ってしまいました。大丈夫でしょうか?。病気ではないでしょうか?」という質問でした。

しかし、私のペコ腹に比べたらまだマシだと説きました。
(ブログに写真が有ります)

(私が提唱する呼吸法・運動療法・食事療法・カラオケ療法で、86kgから68㎏まで自然に健康に体重が減りました。写真は、まだ72㎏時の私です)

ご一家で、安心して施術後帰路に着きました。

結論は、呼吸法に参加された皆さんに 「1~2か月で多少減ったところで安心せず、もう一段気合を入れ直して毎日続けて下さい」 というお願いです。

このナイスガイA氏の様に「痩せすぎではないでしょうか?」というところまで頑張って見る価値はありますよ!

実は私も、18㎏も減ってペコ腹になり、これではイカンと、それからすき焼きなどを積極的に摂取するようにしています。

現在69㎏まで戻しました。一安心です。

「痩せすぎて病気では?」 と一度言ってみたい方?は、本気で頑張ってみてはいかがですか?。




博士 脳科学(人間環境学)
脳科学 整骨医学施術室
脳科学 頭蓋骨矯正セラピスト
東 誠之




 
ページ上部へ
 
 
編集モード