01

私は全国から来た歌手志望の人達64人の中で、3番目に小林旭の「熱き心に」を予選曲で歌いました。

 一昨日と昨日は、足首を強力捻挫し、診断の結果は骨折無しという事で、必死で土曜日の患者さんの予約に間に合うように、足を夜中じゅう冷やし続けましたが、踏み出すことも困難で、強いめまい風邪も併発し、初めて自分の不始末で診察を臨時休診させていただき、申し訳ありませんでした。

心からお詫び申し上げます。

さりとて、大阪カラオケ決勝大会に駆けつけて下さる予定の21名の方々に、ご迷惑はかけられず、「冷やしと自己治療」で、何とかタクシーで自宅から名古屋駅まで、新大阪から現場まで、たどり着きました。

全国精鋭の65人が歌い終わり、写真の6人がファイナルに選ばれました(ブログに掲載)。

向かって右側が私です。ほぼプロ歌手の韓国人とフィリピン人二人と、日本人は、独学の私と小学生の二人(数年プロ養成所に通っている)が残りました。

私は休み時間に一人で直ぐそばのカラオケ店に行き、私の決勝課題曲・小林旭の「惜別の歌」を練習し、100点が2回出ました。

自分(応援の方も数名が)では、1位だろうと思っていましたが、フィリピン人のほぼプロ歌手の方に、審査員の方々が軍配を挙げました。

少し残念でしたが、自分なりの100点が出ましたし、ほぼプロ相手に、全国総応募数一万人の中のファイナル6人に残って、1位を戦い、準優勝で悔いはありません。

皆様のご声援のお蔭で、楽しいカラオケ大会を過ごさせて頂きました。そしてヒトの情けをしみじみと味あわせていただきました。

本日、会場まで駆けつけて応援して下さった21名の方々に、また名古屋一次予選に会場応援して下さった15名の方々に、東海大会で会場応援して下さった41名の方々に、心から御礼申し上げます。
そして各家庭で応援して下さった方々にも感謝申し上げます。

明日から、また気合を入れ直して、熊本接骨院院長として、しっかりと診察・施術に頑張ります。

どうぞ宜しくお願い致します。

博士 脳科学(人間環境学)
脳科学 整骨医学施術室
脳科学 頭蓋骨矯正セラピスト
東 誠之

 
ページ上部へ
 
 
編集モード