01

「MRIは状況を確認するのには便利だが、骨盤や腰椎や仙骨や股関節の詳細な歪みは分からない。精緻な施術をしたいのでぜひレントゲンを撮って欲しい」 というのが熊本接骨院の願いです。



先日から通院している医療関係の方がいます。
「MRI が有るので、レントゲンは要らない.。医師がそう言っている」と述べてています。

当院ではどうしようもない腰痛や坐骨神経痛の症状がほとんど改善された症状例が多く有ります。
ですが、全例とも当院と協力していただく整形外科で、院長の指導・診断の元にレントゲンを撮っていただき、レントゲンを見て数ミリの歪みを計算に入れて施術の参考にしています。

ある意味で、保険適用外の実技・実力手技のみの熊本接骨院が、多くの全国区の患者さんに信頼されている理由は、腕前だけが命です。

私がレントゲンを要望する方は、症状が全てレベル以上の場合なので、是非レントゲンを撮っていただきたいと思います。

私には、金山地区と南区方面、北区方面の3つの整形外科でレントゲン撮影のご協力・ご指導を頂いております。

どなたもご遠慮なく相談くだされば、私の要望する角度・範囲のレントゲンが手に入ります。

精度の高い施術の施行には必要な過程です。

どうぞご相談の程お願い致します。

MRI画像では、脊髄神経の狭窄は捉まえられます。ですが、腰椎・仙骨・腸骨・股関節などの、痛みやしびれの原因とも言うべき微妙な歪み具合は分かりません(ブログでレントゲンの写真を掲載)。

レントゲンはそういう意味でキーポイントになります。
宜しくお願い致します。

博士 脳科学(人間環境学)
脳科学 整骨医学施術室
脳科学 頭蓋骨矯正セラピスト
東 誠之


 
ページ上部へ
 
 
編集モード